カジュアルショップマップ > カジュアルショップに関する記事・ブログ

 mocyako

私の洋服選びと楽しみ方

私の洋服選びと楽しみ方

皆さんは洋服を買う時ってどうしていますか?何か基準などはありますか?
今回は私のなりの洋服の選び方やカジュアルショップの利用についてご案内していきたいと思います。

ファッション雑誌を見たり、町でお洒落な人を見たりすると「あれ可愛いな、私も欲しいなぁ」って思いますよね。私も良くあります。だけど漠然と洋服が欲しいという場合はどのような基準で探していますか大きく分かれるのは「色」「形」だと思います。しかし私は断然、形で選びます。この形には勿論サイズ感もありますが実際に着た時のシルエットが関係してきます。

トップスであれば着丈の長さ、アームの太さ首回りのライン(VネックやUネック、ボートネックなど)身幅などですが、色が気になっていても形が気に要らなければ絶対に買わないですし、逆に色はあまり気に入らないけど形が良かったら買う事はあります。理由は色が気に入らなくても形が良ければ使う事がありますがこの逆がないからです。


私が個人的に好きなファッションはヨウジ・ヤマモトやコムデギャルソンなのですが以前はドルチェ&ガッパーナーやディオールが好きでした。
ファッションのアイコンとしてはかなり違うのですが、何がお洒落で自分は何を着たいのかというような悩みを持った時悩み抜いて、たどり付いたのがヨウジ・ヤマモトやコムデギャルソンでしたが、どうしてもこういったブランドは価格が高価になります。

全ての服をブランドに染める訳には行きません。そこでカジュアルショップを利用します。もちろんカジュアルショップにもお洒落なアイテムが沢山あり全身コーディネートをする上でもお洒落になれますが、全身となると私の求めるコーディネートが少し異なります。


私が好きなカジュアルショップは「アーバン・リサーチ」「ユナイテッド・アローズ」「ビューティーアンドユース」です。アイテムによっては値が張る物もありますが基本的に上記のブランドよりはお手頃価格なのが魅力的です。ブランドのアイテムとの相性も考えて洋服選びをすると意外に合う物も多く重宝します。

個人的に好きなコーディネートはヨウジ・ヤマモトのラップパンツにアーバン・リサーチのノーカラーシャツの組み合わせが最高に良いです。ノーカラーシャッツは素材がタイプライターで光沢がありシルエットが細めなので、ラップパンツとのコーデでAラインが生まれとても上品になります。色はラップパンツが黒でノーカラーシャツは深いネイビーです。

「パンツは黒ならシャツは白の方が良いんじゃない?」と思う方も多いと思います。もちろん白でも合うのですが素材の関係もあり白よりネイビーの方が高級感がでたのでチョイスしました。


あとはコムデギャルソンのサルエルパンツとユナイテット・アローズのグリーンレーベルリラクシングのツイードジャケットです。サルエルの素材はポリエステル、ジャケットはウールと素材自体は違いますがサルエルが末広がりのシルエットに対してジャケットが、前を閉じると細身にシルエットになり、また前を開いてもベストを来ていればクラシック感もでます。
普通にセットアップでも十分お洒落なのですがサルエルと合わせる事で一癖のあるコーディネートに仕上がります。このジャケットはセットアップでパンツも購入し結婚式などにも使用しとても重宝しました。


他にもビューティーアンドユースで購入したハーフパンツとヨウジ・ヤマモトのチャイナシャッの組み合わせです。ハーフパンツは少し幅広のシルエットなのですがサイケデリックな色をしておりチャイナシャッツとの相性も良かったです。
このハーフパンツは単品でもインパクトがありますので白シャツやTシャッツなんかでも合いやすいのでかなり重宝しています。
こちらは色の説明をしていますが、やはり重要なのはシルエットです。
少し幅広と説明しましたがもしこのアイテムが幅広でなかったら色ばかりが目立ってしまい、逆に使いにくいアイテムになっていたと思います。幅広でかつ色が良かったので購入した一品でした。


最近では低価格のアパレルも増えており、色々なコーディネートを楽しむ事ができますよね。価格が安いから「ちょっと挑戦するには勇気がいる」という方でも「この価格なら挑戦してみようかな」という気になります。

帽子などのアイテムも今まで使わなかった物を手に取るのは勇気がいります。「合わせれらるかなぁ?」とか、やはり回りが見て変に思われないか気になりますよね。勿論私もありました。私は極度に回りの目が気になりました。いつも批評されているかのような錯覚を覚えます。誰も自分なんて見てないのに。

ある日私は吹っ切れました。自分が着たい物を着ようと。それを着て変だと思う人がいても「そう思うのは勝手にどうぞ、この私が着ているのだからお洒落に決まっているでしょ。それが分からないあなたが変なの」とか「いつも先駆者というのは認められない、変人扱いをされるものだファッションの先駆者としては辛いものがある」何てことを考えています。(口にはださないですよ!)
色々なお店が増えて低価格でお洒落なアイテムも増えています。自分なりのお洒落をする良い機会です。回りがどう思うかではなく、自分が着てどう思うかではないでしょうか。参考になれば幸いです。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードでカジュアルショップを検索

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方
九州・沖縄

ファッションに関する記事・ブログ

ファッションに関する記事や、カジュアルショップを実際に利用した体験談、お店の特長、お気に入りの洋服など、ファッションについての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら